審美歯科Q&A|千葉県富里市の歯科医院。インプラント治療情報

 

審美歯科Q&A

こちらのページでは審美歯科治療についてよくある質問をピックアップしてみました。

Q.1.審美歯科治療は痛いのでしょうか?

A.
審美歯科の治療に限りませんが、現在の歯科治療はほとんど痛みがありません。痛みがないことから、治療中に眠ってしまう方が多くいらっしゃるほどです。しかし、これは非常に危険な行為ですので、治療中は眠らないようにお気を付けください。

Q.2.以前治療した差し歯が変色してきました。当初のように白く戻せますか?

A.
保険適用内の差し歯の場合、材質は硬質レジン(プラスチック)であり、年数が経つと水分を吸収して変色しやすくなります。また同じ保険適用内の差し歯に替えることは確かに可能です。しかし、この硬質レジン製の差し歯は精度があまり高くなく、周囲の歯や元の歯との隙間から虫歯が発生しやすいのであまりオススメはできません。
セラミッククラウンの場合は、何年経っても変色することはありませんが保険適用外のため、新たに差し歯1歯分の費用がかかります。

Q.3.神経を抜いた歯が変色してしまいました。白く戻せますか?

A.
神経を抜いた歯を白くする方法には、薬剤を使用する「ホワイトニング」が挙げられます。しかしあまりに長い年月が経過している場合や、硬質レジンを詰めている部分が大きい場合は、セラミッククラウンを被せて白くすることになります。

Q.4.保険適用外だと高そうで不安です。保険治療と自費治療の違いはありますか?

A.
保険の適用内で治療する場合は、使用できる材料が限られています。それに対し自費治療の場合は、より優れた材料を使用できるので保険適用内の場合よりも一般的に長持ちします。

Q.5.審美歯科治療で施した効果はずっと続くのですか?

A.
毎日のお手入れはもちろん大切ですが、長持ちさせたいのであれば歯科医院での「予防歯科治療」を定期的に受ける必要があります。施術の内容に合わせた予防歯科プログラムをきちんと継続することで、白い歯を持続させることができます。

Q.6.差し歯の土台には何を使うべきですか?

A.
グラスファイバーかプラチナ系のゴールドが適しています。シルバー製の土台は歯茎が黒くなったり、金属アレルギーが現れたりするケースなどが見られます。

Q.7.差し歯にしたら歯茎が黒くなってしまったのですが…。

A.
おそらく金属の土台、またはメタルボンドの金属部分が溶け出し、歯茎を黒く染めてしまったものと思われます。溶け出した金属は、金属アレルギーの原因にもなります。改善するためにはオールセラミックに替える以外ないでしょう。
 

Copyright © 千葉県のインプラント・審美歯科 杉の木歯科医院. All Rights Reserved.
【掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等を禁じます。】