様々な治療法|千葉県富里市の歯科医院。インプラント治療情報

 

様々な治療法

審美歯科は歯と口元をトータルでプロデュースします。最善の結果を求めるために、当然その施術方法は患者さん1人ひとり異なってくる物です。こちらのページでは審美歯科での様々な治療法についてご紹介します。

様々な治療法
 

ラミネートベニア

歯の表面を0.5mmくらい削り、その上に極薄のセラミックを付け爪のように貼り付けて、歯の表面に白さを取り戻す治療法です。また、前面から見た歯の形を整えることもできます。歯が黒ずんでいたり、前歯に隙間が空いていたりする場合などに適した治療法です。治療は大体2~3回の通院で終了します。

セラミッククラウン

セラミッククラウンとは、セラミック製の被せ物のことです。歯の表面を1~1.5mmほど削り、その上にセラミック製の被せ物をします。ラミネートベニアとの大きな違いは、元来の歯の削除量です。セラミッククラウンは削除量が多いため、歯のねじれや歯並びを修復することも可能です。ただしその分、ラミネートベニアの治療よりも来院回数は多くなります。またオールセラミックの被せ物にした場合は、やや高額になります。

セラミックインレー

セラミックの詰め物のことをセラミックインレーと呼びます。通常の歯科医院の治療で使用される金属製の詰め物が気になる場合には、本来の歯の色と同じセラミック製の詰め物と入れ替えます。歯科治療の段階からセラミックインレーを選択すると治療費は高額になりますが、その代わり治療跡がまったくわからないほどの自然な仕上がりが期待できます。

メタルボンド

金属でできた被せ物に陶器を焼き付けた冠です。金属部は歯に対しての適合精度が高い鋳造メタルを使用しています。一般的に「(保険適用外の)差し歯」と呼ばれている治療法です。

 

Copyright © 千葉県のインプラント・審美歯科 杉の木歯科医院. All Rights Reserved.
【掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等を禁じます。】