Q&A|千葉県富里市の歯科医院。インプラント治療情報

 

Q&A

こちらでは、インプラント治療に関するよくある質問を集めました。

Q.1.インプラント治療に年齢制限はありますか?

A.
インプラント治療においては、チタンのインプラントを顎の骨に埋め込む手術が必要となります。そのため、一般的に全身の骨の成長が終了する16歳までは、インプラント治療を行うことはできないとされています。無論、成長に関しては個人差がありますので、16歳以上であっても成長が続いている場合はインプラント治療ができないこともあります。治療のためには医学的、解剖学的に条件が満たされている必要があるのです。

Q.2.糖尿病でもインプラント治療はできますか?

A.
症状によってはインプラント埋め込みの手術ができない場合があります。ただし、医師の指導の下で充分に体調をコントロールされている方であれば、埋め込み手術が可能となることもあります。詳しい病状を歯科医師に伝えてください。

Q.3.歯槽膿漏でもインプラント治療は可能ですか?

A.
歯槽膿漏にかかっていらっしゃる場合、口内衛生環境が著しく悪いケースが多々あります。その場合はインプラント治療はできません。歯槽膿漏を治してから、インプラント治療を始めてください。

Q.4.インプラント治療が終了するまでにどのくらいかかりますか?

A.
顎の骨に埋め込んだインプラントが骨と結合するまでに、およそ12~20週間かかります。さらにフィクスチャーと呼ばれるインプラント土台部分とアバットメントが連結するまでに1~6週間の時間を必要とします。これらの土台となる部分が安定すれば、あとは冠を装着するだけです。期間に相当な差があるのは、インプラントを埋め込む位置、顎の骨の状態などによって1人ひとりの回復能力自体に差があるためです。

Q.5.インプラント治療の間、歯のない部分はどうするのでしょう?

A.
仮歯や仮の入れ歯を装着します。外観上さほど変わりなく使うことができます。

Q.6.インプラント手術後の注意点は?

A.
手術当日から翌日くらいまでは多少出血しますが、強くうがいなどはしないでください。傷口から感染しやすい時期でもありますので、医院でもらった薬は、医師の指示通りに服用しましょう。また手術後1~2日はインプラントを埋め込んだ部位が腫れ、その間は食事を摂りにくくなってしまいます。食事は固い物を避け、ジュースやスープ、ゼリーなどの流動食や柔らかい物を摂取してください。

Q.7.インプラント治療の成功率はどのくらいですか?

A.
1,003人の患者に計2,359本のインプラントを入れ、8年間に渡って追跡調査を行った結果、90%以上のインプラントが、何の問題もなく機能し続けています。
 

Copyright © 千葉県のインプラント・審美歯科 杉の木歯科医院. All Rights Reserved.
【掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等を禁じます。】