メリットについて|千葉県富里市の歯科医院。インプラント治療情報

 

メリットについて

自分の歯を失ってしまった場合には、現在「入れ歯」「ブリッジ」そして「インプラント」の3種の治療法があります。それら3種類のメリット・デメリットについて簡単にご紹介します。

治療方法 メリット デメリット
インプラント
  • 自分の歯と何ら変わりなく、自然に見える
  • 周りの歯を削る必要がない
  • 自分の歯と同じ感覚、同じ力で噛むことができる
  • 顎の骨がやせるのを防ぐことができる
  • 抜歯と同程度の手術が必要となる
  • 全身疾患がある場合、治療ができないこともある
  • 重度の糖尿病患者の場合、治療ができないこともある
  • 保険の適用外である
入れ歯
  • 簡単な治療で済む
  • 健全な歯を削る必要がない
  • 違和感を抱くことがある
  • 固い食べ物の咀嚼が難しい
  • 見た目が良くない場合もある
  • きちんとしたケアを怠ると、虫歯や歯周病の原因ともなりうる
ブリッジ
  • 高価なものであれば、見た目の仕上がりが良い
  • 固定式なので、装着しても違和感がない
  • ブリッジ固定のために両脇の歯を削る必要がある
  • 発音に支障が出ることもある
  • 口の中が不衛生になりやすい
  • きちんとしたケアを怠ると、虫歯や歯周病の原因ともなりうる

インプラント治療を選ぶメリット

インプラント治療が登場する以前、数多くの自分の歯を失ってしまった場合は、歯茎の上に義歯を乗せただけの入れ歯を使用し、欠損を補う方法が主流でした。しかし、入れ歯は土台が存在しないこともあり、しっかりと力を入れて食物を噛むことが難しいというデメリットを内包していました。また失った歯が連続した1~2本であった場合は、ブリッジという方法で義歯を固定していました。欠損した部分の両脇の歯から歯へ橋渡しをするように義歯を固定する方法です。この場合はその両脇の歯まで削ってしまうというデメリットがあり、本来健康であった歯をも削らなければならないことに嫌悪感を抱く方も少なくありませんでした。

インプラント治療を選ぶメリット
 

そこで登場したインプラント治療はこれらのデメリットを払拭し、人工の歯根を作ることで欠損を補います。欠損した部分の歯を作り直してまた埋め込むという方法ですから、周囲の歯に影響を与えることなく修復が可能、欠損前と同じように“噛める歯”を取り戻すことができるのです。また、きちんと食物を噛めるということは、同時に消化器官への負担を減らすことができるということでもあります。健康維持にも役立ち、かつ見た目も本来の歯と何ら変わりがありません。

 

Copyright © 千葉県のインプラント・審美歯科 杉の木歯科医院. All Rights Reserved.
【掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等を禁じます。】