医療費控除について|千葉県富里市の歯科医院。インプラント治療情報

 

医療費控除について

医療費控除とは、自分自身や家族のために医療費を年間10万円以上払った場合、確定申告をすることで一定金額の所得税控除を受けることができる制度のことです。1年間にかかった治療費と総所得金額に応じて、その減税額が決まります。ただし、保険金などの補填(ほてん)がある場合には、その補填分を除いた金額が10万円を越えることが条件です。また、その年の医療費が所得金額の5%を越えた場合にも適用されます。

無論、保険適用外である審美歯科治療や、歯列矯正(治療を目的とする場合)などの費用はこの控除対象となります。

医療費控除について
 
必要となる書類
病院・薬局の領収書・レシートです。これらを確定申告の際に源泉徴収票と確定申告書に添えて税務署に提出します。還付される金額は、その年にかかった医療費の総額、そして納税者の所得額によって決定されます。

医療費控除額について

医療費控除額(課税対象から控除される金額)

1年間の医療費-保険金などの受給額-10万円または所得額の5%※=医療費控除額(上限200万円)

その年の所得金額の合計額が200万円未満の人は、所得額の5%の金額です

所得税の還付金額(その年に支払った税金から還付される金額)

医療費控除額×あなたの税率※=還付金額

課税対象となる所得が330万円未満の場合10%、330万円以上900万円未満の場合20%、900万円以上1,800万円未満の場合30%、1,800万円以上の場合37%

住民税の減額金額(翌年の住民税より差し引かれます)

医療費控除額×あなたの税率※=減付金額

課税対象となる所得が、200万円未満の場合5%、200万円以上700万円未満の場合10%、700万円以上の場合13%

詳しくは、最寄りの税務署や役所の税金相談課へご相談ください

 

Copyright © 千葉県のインプラント・審美歯科 杉の木歯科医院. All Rights Reserved.
【掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等を禁じます。】